サバティカルのテント・タープが抽選販売受付(2021年11月入荷分)

サバティカル 11月入荷分 直営店抽選販売

大人気でなかなか手に入らないサバティカルのテントとタープが、ようやく再販されます!
今回は直営店販売分が抽選となるとのことで、再度激戦必至かと思いますが欲しい方はこの機会をお見逃し無く!

抽選エントリーの期間がすごく短いのでお忘れないように!

今回の抽選販売は…

サバティカルの抽選は毎回対象の商品が異なるのですが、今回はテント・タープが対象

  • アルニカ
  • ギリア
  • モーニンググローリーTC
  • ルピネM/L
  • マリポサM/マリポサL

となっています。サバティカルのフラッグシップモデルとも言える「スカイパイロットTC」は12月に抽選販売となるようです。

抽選の申し込み

エントリー期間
2021年11月19日(金)0:00 ~ 2021年11月21日(日)23:55

下記の11月入荷販売分エントリーフォームより、希望のモデルと入金受け渡し店舗を選択して応募します。

抽選に当選した場合、2021年11月30日(火)にメールにて案内が来るとのこと。
その後、直営店エイアンドエフカントリーに行って代金支払い&受け取りとなります。

どうしても店頭に行けない場合は、代引き配送も相談に乗ってくれるようです。
近くに直営店(A&Fカントリー)が無い方は助かりますね!


おまけとして、僕が持っているサバティカルのアイテムをご紹介!

ルピネM

幸いなことに、以前の抽選に当選して購入したルピネM。
今のところ我が家の唯一のタープで、4人がゆったり過ごせる広さです。

5人以上過ごすのであれば、広さ的にルピネLの方が良いと思います。

サバティカルのタープはこちらのルピネと、TC素材の「マリポサ」があります。
今回の11月抽選ではどちらも対象となっています。

  • 風に強く美しいシルエットヘキサタープ
  • タープ初心者の自分でも扱いやすい、2本のポールで支えて辺の頂点からガイロープを引っ張ればキレイに張れるかんたん設計
  • 遮光PU加工
  • アルミニウムポールが2本付属
  • ランタンを吊るせるハンガーテープが付属

幕の下で焚き火ができるTC素材のタープもいいなと思ったのですが、雨除けのことを考えるとポリエステル素材の方が利用シーン的にも使い勝手は良いのではないかと考えこちらにしました。

シュラフ “ダウンバック600STD”

サバティカルがナンガと共同開発したシュラフ。
以前は在庫がほとんど無かったのですが、最近はA&Fに行くとどのお店にも陳列されているので、安定してきたのかなと思います。

販売は直営店A&Fカントリー店頭かオンラインショップのみです。

製品スペック

僕が購入したのは「ダウンバック600STD」という製品なのですが、NANGAの主力ブランドでもあるAURORA DX(オーロラDX)シリーズDOWNBAG STD(ダウンバッグSTD)シリーズの仕様の違い、さらにダウン量の違いでいろいろなパターンがラインナップされています。

それぞれの製品の快適使用温度/下限温度は下表の通りで、ダウンバッグSTDはオーロラDXよりも若干ゆとりのあるサイズ感で作られています。
また、洗濯機で丸洗いできるのもポイントです。

仕様/ダウン量350g450g600g750g
AURORA DX5℃/0℃0℃/-5℃-4℃/-11℃-8℃/-16℃
DOWNBAG STD8℃/3℃5℃/0℃0℃/-7℃
表中は快適使用温度/下限温度

その他、オーロラDXとダウンバッグSTDの違いなど、詳しくは下記の公式サイトに比較表とともに記載があります。

めっちゃコンパクトに収まる

まず驚いたのは「こんなにコンパクトになるのか!」という収納サイズ。

一番大きいものがコールマンのマルチレイヤースリーピングバッグ(マイナス11℃)。
ストライプ地のものがLOGOSのクッションボーダーシュラフ(5℃)。
オレンジの柄のものは子ども用のコールマン キッズマミーアジャスタブル(4℃)。

これらと比べるとどれよりもコンパクトになっており、サバティカルの収納袋は底がメッシュになっているので空気が抜けやすく、苦労せずにシュラフを詰め込んで収納することができます。

インフレーターマットやスリーピングバッグの収納の大変さを知っている身としては、「ものすごく簡単に収納できる」というレベルです。

created by Rinker
Coleman コールマン
アウトレイヤー×フリースで5℃/0℃。
アウトレイヤー×ミッドレイヤー×フリースで-5℃/-11℃。

Yahoo!ショッピングは不当に高く売っている店だけだったので消しておきました。

安心と信頼のNANGA製

そしてこのサバティカルのシュラフは、山岳用のシュラフを製造しているNANGA(ナンガ)との共同開発、コラボモデルなので、品質は折り紙付き。

NANGAは1941年からある老舗メーカーで、国内洗浄にこだわった高品質な羽毛を使用し、自社工場生産で安全性と質を追求しています。
アフターケアも自社工場ならではの【永久保証】を掲げており、日本製の良さが光ります。

もちろんこのサバティカルの製品もNANGAの品質保証が適用されます!


サバティカルは販路が直営店に限定されているのでなかなか手に入りにくく、抽選に当たるしか方法がありません。
本当に欲しい方に幸運が訪れることを祈っています!

道具
KAMAKURA CAMP : 鎌倉キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました