ほったらかしキャンプ場 キャンプサイトレビュー

ほったらかしキャンプ場 キャンプサイトレビュー

予約が取れないキャンプ場として名高い(?)、ほったらかしキャンプ場。
ラッキーなことに予約が取れて連泊キャンプをしてきました。

今回は2泊でキャンプ場内を散策する余裕もあったので、各サイトをレビューします。
記事の後半では山頂のカフェ「山歩」や隣接するほったらかし温泉についても取り上げます。
眺望や周囲の環境など、参考にしていただけたら嬉しいです。

前回、2021年3月に訪問したときは雨だったのであまりレビューできなかったので、そちらの記事からも引用してまとめ直します。

サイト紹介

サイトの全体像はこちらの通り。
センターハウスからほったらかし温泉は徒歩3分くらい。左奥のハナレサイトからセンターハウスは徒歩5分、右奥のデッキサイトや横浜サイトなどからセンターハウスは坂道を同じく徒歩5分くらいです。

source : ほったらかしキャンプ場

フリーサイト

ほったらかしキャンプ場 フリーサイト設営の様子
ほったらかしキャンプ場 フリーサイト

区画1~5番サイトの一段下にフリーサイトがあります。
最大3組で運用されており、隣との距離も余裕を持って設営することができます。

眺望の方向は区画1~5とは全く同じで、見える景色もそう変わりません。
区画サイトより500円/泊安い料金設定ながら、すぐ近くにトイレと炊事場があるので利便性も高いです。

夜景もこの通り、抜群の眺望です。

このような眺め。夜景最前列です。

テントの大きさは注意

但し、サイトの後ろに車が通れるスペースを確保する必要があります。
そのため、大型のテントだと前側一杯まで詰めてギリギリ。
僕が張ったのはOgawaのティエラ5-EX2。310×555cmのサイズなのですが、キャノピーはできず横から出入りする形でした。
区画サイトはキャノピーできたので、縦方向は区画サイトより狭い形になります。

チェックインの順番次第で運用が変わる

フリーサイトはチェックインが早い順に奥から詰める形になります。
一番手であれば最奥、三番手であれば一番手前になります。

ほったらかしキャンプ場 フリーサイト
フリーサイト 区画サイトから俯瞰するとこんな感じ

最奥の場合は車が通るスペースを確保する必要がないので、奥行き目一杯まで使えます。上記俯瞰写真のように、テント+タープという張り方が縦方向にできます。

二番目・三番目は後ろを車が通れるようにしなければならないので、大型テントの場合縦方向では難しく、横方向に展開する形で設営する必要があります。

僕らは今回三番手で一番手前のスペースだったのですが、逆にそれが幸いしてフリーサイトの入口である坂道ギリギリまで使わせてもらい、タープをテント横に張らせてもらえました。

真ん中になる二番手が一番気を遣うね…。

設営のときに挨拶して、お互いどれくらいスペース取りたいかを相談して決めるのがいいね。

区画サイト1~5

センターハウスから徒歩3分くらいで、高台になっているダイノジサイトを右手に見ながら進んで行った先にあります。

マップにある通り、正面に富士山を眺める特等席。
視界に他のサイトが入ったり、木々に遮られたりせずに街の景色と富士山を一望できます。

ほったらかしキャンプ場からの富士山
ほったらかしキャンプ場からの富士山

サイトは7m × 9m

ほったらかしキャンプ場 区画サイト
区画サイト

通路を奥にして、310×555cmのOgawa ティエラ5-EX2を設営した状態です。
テントの右側に自動車を停めて、1mほど離してテント、残りが2mといったところです。

サイトが横9m・奥行き7mなので、大型のテントはキャノピーの部分を考えると通路ギリギリまで張り出す形となります。

フリーサイトと違って車道と区切られているので設営にはあまり悩まない(おのずとやれる形が決まる)と思います。

トイレ・炊事場はとてもきれい

正面が区画サイト、左に下るとフリーサイト

センターハウスから左奥に歩いて行き、左に降りていくとフリーサイト、右に登って行くと小屋サイト。正面奥が区画サイト・ハナレサイトです。
見えている建物がトイレで、その奥に炊事場があります。

トイレは非常に清潔で、男女で別々になっています。子どもや女性も何ら気になるところなく使用できます。

炊事場もきれいに整えられています。
一番左の蛇口からは温水が出るので冬は非常にありがたいです。
見切れていますが、写真右手には大きめのテーブルもあって調理の下ごしらえをしたり、洗い物の荷物を置いたりする上でも便利に使えます。

ハナレサイト

区画サイト最奥からハナレサイト

1~5の区画サイトのさらに左奥にあるハナレサイトです。
区画サイトと同じ料金・同じサイトの広さで、近くにトイレとシンクも設置されているので不便ということはなさそうです。

もちろんセンターハウスや温泉へは遠くなりますが、歩いて2,3分の違い。
眺望の方向も区画サイトと同じで、多少角度が変わるくらいで見晴らしは良好と思います。
区画サイトが取れなかったときの候補になるかと思いますが、のんびり過ごしたい方はこちらのサイトがうってつけかもしれません。

ダイノジサイト&区画サイト6~9

ダイノジサイトの上にある炊事棟から入口方向

ダイノジサイトは区画サイトよりもだいぶ広く、2台分の車・テント・タープが入る大きさなので2グループ利用もできます。

こちらのエリアはセンターハウス右側からアプローチして、高台の上に位置しています。
下から順に、

  • ダイノジ5~8
  • ダイノジ1~3
  • 区画6~8・ダイノジ4・ほったらかし2
  • 区画9
  • ダイノジ9

と段々になっています。
つまりは同じレベルにあるサイトは横並びになりますが、下の段にあるサイトが視線を邪魔することはありません。

2グループの車・テント・タープが張れるスペースということだけあってかなり広めです。
1家族やソロで使うには広すぎるかもしれませんが、大型テントとタープが余裕で張れるので、スペースを広く使いたい方はこちらを選ぶと良いと思います。

これで区画サイトにプラス1,500円というのはむしろ安いかも…?

一番のおすすめは”ダイノジ2”

一番良いな~と思ったのはダイノジサイト2でした。
ここは角に位置して眺望を邪魔するものが無く、トイレ・炊事棟もすぐ近くなので非常に環境に優れています。

次予約するときはここが第一候補!

区画サイト6~9

区画サイト6~8

1~5とは違うエリアに6~9の区画サイトがあります。
6から8が並んでいて、9だけ一段高いところに位置しています。

区画1~5のように、サイト正面に富士山、という形ではありませんが高台にあるので眺望は良いです。

ここの通路を挟んで後ろ側にダイノジサイト4とほったらかしサイト2があります。
従って、この2つのサイトからは目の前に区画サイトが来るので、眺望や周囲環境を気にする方は留意が必要です。

デッキサイト

以前は芝生敷きのサイトだったところがデッキサイトになりました。
ほったらかしキャンプ場の他のサイトは雨が降ってしまうと水溜りができるのですが、ここはデッキなので撤収も楽にできます。

デッキサイズは約5m×6m(隣に駐車スペースあり)。デッキの奥にスペース(1.5m幅)があるのでそこで焚き火ができます。

デッキ専用のペグを貸してくれるので、デッキに入るテントであれば張れて、正面に富士山と夜景&眼下に他のサイトの明かりがきらめく抜群の眺望が楽しめます。

横浜サイト

横浜サイト

約120㎡のサイズで、駐車2台込みの利用料金。
このサイトだけ独立しているので、プライベート感溢れるキャンプが楽しめます。

キャンプ場の中でも高い位置にあるので、眺望は抜群。
ほったらかし温泉まではちょっと距離があり坂を歩いていく必要がありますが、おすすめのサイトです。

ここも一度は使ってみたいと思いました!

頂上サイト

広さ約8m×13m、最上段に位置するサイト。
キャンプ場の中で最も高い位置からの眺めとなり、この上にはカフェ「山歩」しかありません。
ここまで歩いてくるのは一苦労ではありますが、てっぺんからの特別な眺望が楽しめます!

ちなみにキャンプ場マップで☆になっている2つの区画は造成中の予備サイトなので予約不可です。

ということは、当日空いていればここに入れさせてもらえる…?

という期待を抱かずにはいられませんが、キャンプ場の方に訊いたところ、実際に「ここで良ければ」ということで当日受け付けることもあるとのことです。

次のページではキャンプ場の施設や隣接するほったらかし温泉、さらにキャンプ場の詳細データ&注意点をご紹介します!

キャンプ
KAMAKURA CAMP : 鎌倉キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました