ほったらかしキャンプ場に行ってきました!

ほったらかしキャンプ場に行ってきました

仕事がめちゃくちゃヘビーになってしまい、すっかり滞ってしまいました…。
それもこれも先週末キャンプに行くにあたり、週後半は仕事が手につかなかったからなのですが(苦笑)

初日はあいにくの雨、2日目は快晴というキャンプだったのですが、非常に貴重な経験ができましたのでその様子と併せてレポートします。

念願のほったらかしキャンプ場

ということで行ってきたのは大人気で予約が取れないキャンプ場の代表格、ほったらかしキャンプ場です。
眼下に笛吹市の夜景と視線の先に富士山を臨み、温泉愛好家垂涎の「ほったらかし温泉」が隣接している、関東圏のキャンパーにとっては(全国の皆さんにとっても)一度は訪れてみたいキャンプ場です。

当日はあいにくの雨

判明する雨予報…

そんなほったらかしキャンプ場。行きたいな~とずっと思っていたのですが、3ヶ月先の予約が開始されると同時にほぼ全てのサイトが埋まる激戦キャンプ場です。

3ヶ月先のことなど分かりませんしもちろん天候も運に任せるしかないのですが、悪天候が確実などでない限り直前キャンセルが出る可能性も低いので、絶対に行きたい場合は予約するしかありません。

ということで昨年12月、奇跡的に土日で区画サイトの予約が取れ、いよいよ近付いてきた3月。

雨予報です…

え…。まあズレるっしょ!

(しばらく経っても)
ピンポイントでこの日だけ雨です…。しかも予報確率A(確度が非常に高い)です…。

ということでずっと雨予報で、当日もしっかり雨でした。
鎌倉や湘南地方には注意報が出たレベルの悪天候でしたが、ここでキャンセルしたら次に行けるのはいつになるか分かりませんでしたし、昨年11月に河津オートキャンプ場に行った時も雨キャンプでしたので決行しました。

30分ごとに変わる景色

キャンプ場に向かうにつれて激しくなる雨。
山間に行けば行くほど濃くなる霧。
これは大変になる、と思いつつもなぜかワクワクしてくるのはなぜでしょうか(苦笑)

そしてキャンプ場に到着し、設営しようとした区画サイトからの景色がこちらです。

15:03 激しく降る雨の中設営

ほったらかしキャンプ場

うわー!何も見えなーい!!

このときはせっかく見晴らしの良いキャンプ場に来たのになぁ…と意気消沈しつつも、激しく降りつける雨の中、早く設営せねばと必死でした。

一番大変だったのは雨でぬかるんだ地面の整備。水溜りの上にテントを置かなければならない状態でしたので、まずはテントのシェルターを張り、雨を避けるスペースを作ってからの設営で体力を持っていかれました…。

15:58 設営が終わったタイミングで突如晴れる

ほったらかしキャンプ場からの晴れ間

うぉぉーーーー!

設営が終わってふと見ると、街の姿が!このときの感動といったら!
そんな感動もつかの間…

16:39 再び雲の中に包まれる

何も見えねーーーー!

さっきまでの晴れ間が何だったのかという感じで、雲霧の中に包まれます。
このときはキャンプ場全体が雲の中で、ほぼゼロ視界。これはすごい体験ができるんじゃないかと逆に期待値MAXとなりました。

ここから雨が降ったり、上がったと思えば霧に包まれたりを繰り返していたのですが、雨に打たれたし夕食前に温泉に行っておこうということで隣接のほったらかし温泉に向かいました。

ほったらかし温泉での体験もすごかったんです!
これは別の記事にまとめます!

幻想的な夜

温泉から帰ってくる頃には雨は上がり、街の夜景も眺めることができ、すぐ上に広がる雲を見下ろすこともできる幻想的な景色となりました。

すぐ下にあるフリーサイトのテントの灯りと遠くの夜景。立ち込める雲。霧に霞む遠くのテント。

刻一刻と移り変わる景色の中でのキャンプは初めての体験で、設営の大変さも吹き飛んですごく印象的な夜となりました。

前回の富士見の丘オートキャンプ場でのソロキャンプではできなかった焚き火も満喫。
やっぱり雨よりも風の方が強敵で、風さえ強くなければどんなシチュエーションでもキャンプは楽しめます。

ちなみにこの日の夕食は、雨予報で大変なことが分かっていたことや、テント内での食事になることから炭火が使えないので、「簡単にできる鍋にしよう!」と事前に決めてありました。

自宅で野菜やお肉を全部切っておいて、鍋にぶちこんで出来上がりなのですごく簡単。
寒いときや雨のときなど、おこもりキャンプのときは便利でオススメです。

実は結構な確率で雨に降られることが多いのですが(涙)、今回の経験も踏まえて、雨キャンプの楽しみ方をまとめています。
特にファミリーキャンプのときは子どもを守らなければなりませんし、大人が落ち込んでいると子どもは楽しめません(T_T)

ご参考になると嬉しいです。

翌日は快晴!

そして翌朝はこの日の天気が嘘のような快晴!
ようやく絶景が眺めましたが、その様子はキャンプ場のレビューと併せて下記の記事にまとめています!

番外編:笛吹川フルーツ公園

おまけ。
キャンプ場は山の上にあるのですが、その麓には笛吹川フルーツ公園があります。

こちら、ゆるキャン△でなでしこたちがスイーツを食べた、いわゆる聖地。
うちの子も「なでしこのアイス食べる~」と大騒ぎだったので立ち寄りました。

街の景色を見渡せ、遠くに富士山も眺める抜群の眺望。
広い敷地には遊具ありレストランありと、近くに住んでいたら頻繁に通いたくなる公園でした。

笛吹川フルーツ公園
この写真では全然魅力的に写っていませんが(笑)、とてもきれいで気持ちの良い公園です!

こちらの印象的なドーム状の建物を観たら、ゆるキャン△に出ていたところだと分かったようで子どもが走っていきました(^o^)

なでしこ達がスイーツを買ったお店で、娘も大好きなソフトクリームを。
気に入ったのか、キャンプ場に向かう初日に続いて翌日の帰路でも同じ店に連れて行けと大騒ぎでした(結局行きましたw)

この店に一緒にいたはずのイヌ子(犬山あおい)が居ないのはなぜ…

ほったらかしキャンプ場:データ

基本情報

開設:通年
チェックイン:13:00~17:00
チェックアウト:11:00

住所:山梨県山梨市矢坪1669-25
電話:080-9677-1010
https://hottarakashicamp.com/

設備

source : ほったらかしキャンプ場

サイトの広さ:約7m×9m(区画サイト/ハナレサイト)

オートキャンプ:
電源サイト: 全サイト電源ボックスあり(別途料金 1,000円)
風呂・シャワー:ほったらかし温泉が併設 徒歩3分
水洗洋式トイレ:あり
給湯設備:
ランドリー:なし

サイト利用料金

サイト名1区画の料金
ダイノジサイト¥3,500
ほったらかしサイト¥3,500
区画サイト¥2,000
フリーサイト(テント/タープ:1張りにてご利用)¥1,500
横浜サイト¥4,000
芝生サイト¥3,000

サイト宿泊料金

平日/休前日詳細
平日宿泊料金大人:¥1,500
小学生:¥500
休前日宿泊料金大人:¥2,000
小学生:¥1,000

ほかのキャンプ場関連の記事はこちらからご覧ください!

キャンプ
KAMAKURA CAMP : 鎌倉キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました